展示・デモ実績

サーフィン選手権大会に「SAFE+300シリーズ」を展示

2015年6月20日(土)、静岡県磐田市の豊浜海岸で開催された「第23回ジュニアオープンサーフィン選手権大会」ならびに「第12回マスターズオープンサーフィン選手権大会」会場に、SAFE+(セーフプラス)300シリーズを展示しました。
サーフィン選手権大会にを展示浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+300シリーズを展示 画像1


この日は6月とは思えないほどの冷たい雨が降り注ぎました。
そのぶんSAFE+(セーフプラス)に興味を持たれている方にとっては、その真価をチェックするまたとないチャンスとなったようです。


・雨風をしのぐことができ、内部は非常に快適。
・もしも被災する日が寒い日だったら…と考えると、吹きさらしは困る。シェルターが良い。
・風でトラックが揺れても、SAFE+はキシミ音一つしない。とても丈夫そう。
・2トントラックでも積めるサイズ。これなら狭い場所にも設置できる。
・座席定員の8人がきちんと座って、室内にはまだ余裕がある。備蓄倉庫にもいい。
・天井が高いから、窓にカーテンをつけて更衣室として使える。


サーフィンなどマリンスポーツで人気のスポットには、ハイシーズンやイベント開催日には特に多くの人が訪れます。こうしたイベントの中には、津波対策の困難さから震災後、中止に追い込まれたものもあるそうです。多客期に十分なキャパシティを持つ恒久的な避難施設の設置が、全てのビーチで実現するとは考えにくいため、弊社は設置/撤去が簡単で集客に応じて移設できるSAFE+(セーフプラス)の普及によって、安心して海と親しむことのできる環境づくりに貢献して参ります。

今後も定期的に浮揚式津波洪水対策用シェルターSAFE+(セーフプラス)を展示、見学会を行います。


お問い合わせ先:株式会社タジマモーターコーポレーション防災事業部
加賀/伊藤 TEL:0538-66-0020 e-mail: info@safeplus.jp
展示・デモ実績トップへ>>