GoProの歴史

【世界で愛されるGoProの創設者、ニック・ウッドマン】

GoProを創設したニック・ウッドマンは、趣味のサーフィンで迫力ある写真を高画質で撮影できるカメラを求めていました。当時のカメラは、プロのような迫力ある写真が撮れず、また高画質で撮影できるカメラも高価で、買える価格ではなかったのです。彼のプロフェッショナルなアングルで撮影できるカメラシステムへの欲求は、現在の「GoPro」の名前に影響を与えました。
VWバンでビーズとシェルベルトを売って資金を集めていた彼は、カメラにつけるファッショナブルなストラップを販売することを思いつきます。当時のほとんどのストラップは、簡単に壊れてしまうゴム製のリストストラップでした。

2004年、最初のカメラとして、35mmフィルムタイプのカメラを発表、その後、カメラは改良を重ね、視野角170度の(170°超広角単焦点レンズ採用)、1080p品質のビデオカメラにまで進化しました。現在では3D映像撮影も可能になりました。

2016年にはHERO5 ブラック、HERO5 セッション、HERO セッションを発売し、ハウジングなしで水深10mまで防水が可能となりました。HERO5 セッションとHERO5 ブラックには先進的なビデオ安定化機能が付き、音声コントロール機能が追加され、さらにクラウドへの自動アップロードが可能になりました。

翌年には空撮可能なKarmaというドローンを発売されました。

多種多様な取付用のマウントが開発され、GoProの汎用性はさらに高まりました。その用途はサーフィンに限らず、自動車、バイク、スキー、スノーボード、自転車にまでに広がっています。

 

【GoProカメラの歴史】


HERO5

2016年10月発売。

■HERO5:ブラック
2インチのタッチディスプレイでショットのプレビュー、プレイバック、設定の変更、映像のトリミングが可能。
GPS データで写真とビデオが撮影された場所を取得。
高度な写真編集ソフトウェアを使用するときに優れた柔軟性を発揮するRAW型式写真と、シーンの陰や明るい部分など、ディテールのひとつひとつをしっかりキャッチするWDR 写真モードを搭載。

■HERO5:セッション
HERO5 セッションとHERO5 ブラックには新たに音声コントロール機能が搭載。
4K ビデオと 12 MP の写真をシングル、連写、タイム ラプス (コマ撮り) の各モードで撮影。
先進的なビデオ安定化され、クラウドへの自動アップロードが可能。

■HERO:セッション(HD HERO4:セッション)
史上、最少最軽量のモデルで最大画素数800万画素。4Kには非対応でフルHDで毎秒60フレームでの撮影が可能。
1 in. あたり 1440ピクセルの高解像度、最大100フレーム/秒のフレーム レートが滑らかなスローモーションのプレイバックを実現。
ハウジングなしで水深10mまで防水。スマートでコンパクトなマウンディング。
Bluetooth と Wi-Fi を活用することで、GoPro App、アクセサリー、その他に接続可能。


HD HERO4

2014年10月発売。

■HD HERO4:ブラックエディション
HERO4における最上位モデルで最大画素数1200万画素。
1080-120p/720-240p(FW v02.00.00以降)の高フレームレートのハイスペック。
4Kで毎秒30フレームの撮影が可能になり、ナイトフォト・ナイトラプスの機能が追加された。

■HD HERO4:シルバーエディション
タッチパネルを搭載した初のモデルで最大画素数1200万画素。
1080-60p~WVGA-240pのハイスピード動画。
4Kで毎秒15フレームでの撮影が可能となり、ブラックエディション同様にナイトフォト・ナイトラプス機能が追加された。


HD HERO3+

2013年11月発売。ブラックエディション、シルバーエディションの2モデル。HERO3+は、HERO3と比べると、軽く、ハウジングも小さく、バッテリ持続時間も長くなりました。GoProアプリで使えるWi-Fiでの通信も高速で、より没入感の高い広角動画が撮影できるSuperViewモードや、自動低光量モード、よりシャープな動画を撮影するための最新のレンズを搭載。

■HD HERO3+:ブラックエディション
ブラックエディションは前モデルより20%コンパクトで軽量。 多様な新機能も追加され、より美しいビデオ・静止画を撮影が可能。新しいビデオモードのスーパービューモードでは、世界トップクラスの臨場感のある超広角撮影ができるようになり、オートローライトモード時には、フレームレートを自動調節して目を見張るほどの低光量パフォーマンスを実現。 さらにバッテリー寿命が30%長くなり、4倍高速になったWi-Fi、より鮮明なレンズが搭載。


■HD HERO3+:シルバーエディション
シルバーエディションは前モデルより2倍以上パワフルで、20%コンパクトで15%軽量化。装着もギアへの取り付けもでき、水深131フィート/40m対応の防水カメラで、最大解像度1080p60のプロ水準のビデオと、1秒あたり最高10フレームの10MP写真を撮影が可能。 高速Wi-Fiを内蔵し、低光量パフォーマンスが向上しているだけでなく、バッテリー寿命が30%長くなった。


HD HERO3

2012年11月発売。「HERO 3」は、かつてWoodman Labsが販売していた第三世代カメラのモデル「Digital HERO 3」から名称を再利用したものである。
ホワイト、シルバー、ブラックの3モデルにWi-Fi接続やmicroSDカードの使用が可能。全モデルのHERO2と比べて音質が改善され、USBアダプタが必要となった。
ブラックエディションでは光感受性を2倍になり、新たなタイプのセンサーが搭載。毎秒240フレームまで撮影可能になり、解像度は848x480ピクセルに制限された。

■HD HERO3:ホワイトエディション
Woodman Labsによる新たなエントリーモデルであり、静止画撮影はシルバー、ブラックと比べて解像度が5mPと低く抑えられている。
バーストモードでの静止画撮影は毎秒3枚に減らされている(ブラックエディションでは毎秒30枚撮影可能)。

■HD HERO3:シルバーエディション
前モデルのHD HERO2と機能も使用センサーも同一、より小型化で軽量化されている。

■HD HERO3:ブラックエディション
最大4096×2160(4K)で毎秒12フレームまでのデジタルビデオ撮影が可能。3840 x 2160では毎秒15フレームまでの撮影が可能。


■HD HERO2
(あらゆる面で2倍パワフル!世界中で大ヒット中の最新モデル)

2011年10月発表。キャッチフレーズは「あらゆる面で2倍パワフル」。HEROオリジナルをあらゆる面で上回る画質、機能で爆発的なヒットとなる 。

■HD HERO オリジナル
(フルハイビジョン対応、専用リチウムバッテリー採用、記 録媒体:SDHCカード32GB)

2010年1月発売。ついにハイビジョンに対応し、1080pでの撮影が可能に。高画質・高性能ウェアラブルカメラとして、世界トップシェアとなる。

■ヘルメットヒーローワイド
(170°超広角単焦点レンズ初採用)

2008年12月発売。5メガピクセルの静止画と、標準画質(640×480ピクセル)のビデオ撮影が可能。 データは内蔵メモリ16MBと2GBのSDカードに記録される。またGoProの最大の特徴となる170°超広角レンズを初採用。

■デジタルヒーロー3
(デジタル化、ビデオ撮影機能搭載、記録媒体:SDカード2GB)

2007年5月発売。3メガピクセルの静止画と解像度512×384のビデオ撮影が可能。

■GoPro HERO 35ミリ オールシーズンスポーツカメラ
2005年4月発売。手首に装着して水中撮影可能な35mmフィルムカメラとして登場したGoProカメラの第1弾。