タジマ総合トップ >> GoProトップ >> GoProサポート

GoProの歴史

【世界で愛されるGoProの創設者、ニック・ウッドマン】

 
 

GoProを創設したニック・ウッドマンは、趣味のサーフィンで迫力ある写真を高 画質で撮影できるカメラを求めていました。 当時のカメラは、プロのような迫力ある写真が撮れず、また高画質で撮影できるカメラも高価で、買える価格ではなかったのです。彼のプロフェッショナルなア ングルで撮影できるカメラシステムへの欲求は、現在の「GoPro」の名前に影響を与えました。
VWバンでビーズとシェルベルトを売って資金を集めていた彼は、カメラにつけるファッショナブルなストラップを販売することを思いつきます。当時のほとんど のストラップ は、簡単に壊れてしまうゴム製のリストストラップでした。

2004年、最初のカメラとして、35mmフィルムタイプのカメラを発表、その後、カメラは改良を重ね、視野角170度の(170°超広角単焦点レンズ採用)、1080p品質 のビデオカメラにまで進化しました。現在では3D映像撮影も可能になりました。

多種多様な取付用のマウントが開発され、GoProの汎用性はさらに高まりました。その用途はサーフィンに限らず、自動車、 バイク、スキー、スノーボー ド、自転車にまでに広がっています。

 

【GoProカメラの歴史】

 

■HD HERO2(あらゆる面で2倍パワフル!世界中で大ヒット中の最新モデル)
2011年10月発表。キャッチフレーズは「あらゆる面で2倍パワフル」。HEROオリジナルをあらゆる面で上回る画質、機能で爆発的なヒットとなる 。

■HD HERO オリジナル(フルハイビジョン対応、専用リチウムバッテリー採用、記 録媒体:SDHCカード32GB)
2010年1月発売。ついにハイビジョンに対応し、1080pでの撮影が可能に。高画質・高性能ウェアラブルカメラとして、世界トップシェアとなる。

■ヘルメットヒーローワイド(170°超広角単焦点レンズ初採用)
2008年12月発売。5メガピクセルの静止画と、標準画質(640×480)のビデオ撮影が可能。
データは内蔵メモリ16MBと2GBのSDカードに記録される。またGoProの最大の特徴となる170°超広角レンズを初採用。

■デジタルヒーロー3(デジタル化、ビデオ撮影機能搭載、記録媒体:SDカード2GB)
2007年5月発売。3メガピクセルの静止画と解像度512×384のビデオ撮影が可能。

■GoPro HERO 35ミリ オールシーズンスポーツカメラ
2005年4月発売。手首に装着して水中撮影可能な35mmフィルムカメラとして登場したGoProカメラの第1弾。